プロジェクトメンバー日誌

BLOG
2015.7.30
今年でX線発見から120年
メンバー日誌

今から120年前の1895年(明治28年)11月8日ドイツのWürzburg大学物理学実験室でWilhelm Conrad Röntgen(写真左)が偶然未知の放射線を発見しました。それは物質を破壊することなく通過し写真乾板を感光させることができる新種の放射線でした。1895年12月28日にWürzburg物理医学協会会報にEine neue Art von Strahlen(新しい種類の放射線)として投稿されました。この放射線は数学で未知数をXとして扱うことからX線と名付けられました。今でもX線と呼んでいますが正式にはBrems Strahlen(制動放射線)といいます。右写真はRöntgen自ら撮ったベルツ夫人の手のX線写真です。今でも科学が苦手な人にX線の発生機序や透過性について理解させることが難しいのですが、当時は心霊現象として扱われたこともあったそうです。Röntgen自身も実験を重ねているいるうちに恐怖を感じたこともあったそうです。その功績は世界に認められ第1回のノーベル物理学賞を受賞しています。

レントゲン博士ベルタ夫人の手

放射線専門員 小野

病院見学申込みフォーム