VOICE
  1. リクルートサイトTOP
  2. VOICE
  3. 精神保健福祉士 志鎌郁美

先輩スタッフの声

#004
精神保健福祉士
志鎌郁美
IKUMI SHIKAMA

児童精神福祉に関わりたいという強い想い

私は精神保健福祉士を目指していた頃から児童の精神福祉に関わっていきたいという強い想いがあったので、児童思春期外来をもっており院内学級をもつ予定だった鶴岡病院(現こころの医療センター)に入職できると決まったときは楽しみな気持ちでいっぱいでした。合否の結果を確認するときのドキドキは今でも思い出されます。しかしその反面、県の中核病院であることから果たして自分がやっていけるのかと心配でもありました。
現在は、ストレス病棟・社会復帰期病棟・慢性期病棟・医療観察法病棟と各病棟に入らせてもらっていますが、医師、看護師、作業療法士、臨床心理士とともに、チームで動いており、多角的な面から支援を行っていると感じています。また、自分の机があるスタッフステーションは、デイケア・作業療法・医療福祉・臨床心理・訪問看護が一同に集まっているため、情報交換がスムーズにすすみ、他部門との連携の強化に一役買っています。

常に振り返り考えられるワーカーでありたい

入院中に関わらせてもらっていた患者さんと外来でお会いした時など、暮らしぶりについて話を伺うと嬉しくなり、地域で生活する姿に元気をもらいます。その相手が、患者さんでも病院のスタッフでもご家族でも関係者でも、感謝されると嬉しいもので、またがんばろうと前を向けます。
今後は精神保健福祉士として、『なんのためなのか、誰のためなのか』と目的意識をもった支援を行っていきたいです。時に患者さん主体という視点がみえなくなって、自分が思い描く姿に当てはめようとしてしまっていることがあるので、自分がやっている支援を立ち止まって振り返り、果たしてこれでいいのだろうかと考えるワーカーになっていきたいです。

自分を成長させてくれる場所

当院に勤めてからまだ浅いですが、色んなケースに出会ってきました。困難なケースもあり一人では解決することができないこともありました。そんなときは頼れる先輩方のサポートを得ながら、支援を行いました。これからは病院が専門化したことでより多様なケースが予想されます。多様なケースを経験でき、かつ精神科のベテランのスタッフが揃いサポートが得られる環境であることから「こころの医療センター」は自分を成長させてくれるところだと思います。

最大の魅力は楽しく明るい雰囲気

私は、精神保健福祉士が職種の中で一番院内の各部署を回っていると思います。各部署に回ってみて感じるのが、各部署とも冗談のでるような楽しく明るい雰囲気であるということです。働いている方が楽しいと感じれば患者さんにも波及していくと思います。個性溢れる?楽しい人が多いところが当院の最大の魅力だと思います。また、入院中は色んなことをチャレンジできる環境にあります。この環境を生かし退院後の生活が軌道に乗るように、例えば薬の自己管理や金銭の管理など入院中に行うことができる課題へのアプローチを患者さんと一緒に考え、一緒に問題解決をしていこうとしてくれる方と働きたいですね。

INTERVIEW

職場での"志鎌さん"はどんな人ですか?

主任精神保健福祉士
斉藤正樹
常に笑顔でどんな方に対しても分け隔てなく接することが出来る抜群の応対力が志鎌さんの魅力です。同僚の中では一番の若手ですが、院内外からの信頼が厚く誰からも頼りにされています。今特に力を入れて取り組んでいるのが、長期入院者の退院支援です。複雑な家庭環境や病状の不安定さなどから困難な事例が多いのですが、志鎌さんのアイディアと実行力のおかげで近年退院に結びつく方が続々と増えています。支援に行き詰った際はぜひ志鎌さんに一声かけてみてください!きっと何かが動き出します!!
PROFILE
精神保健福祉士
志鎌郁美
IKUMI SHIKAMA
#004
HISTORY
平成23年 寒河江の庄病院に入職。
平成26年より山形県立鶴岡病院、こころの医療センター勤務。
FAVORITE
庄内観光♪
病院見学申込みフォーム