プロジェクトメンバー日誌

BLOG
2019.5.23
私傷病休暇
メンバー日誌

これから当院で働きたいと思っている医師・看護師・コメディカルなどの皆様のための制度解説『私傷病休暇』編

 

 

こんにちは。医事係の岡本です。

 

当院の職員を含む山形県職員には、私傷病休暇というものがあります。

 

自分がけがをしたり病気になったりした場合、医師の診断に基づき、90日まで休暇を取得可能です。

 

若くても年をとっても、いつ何があるかはわかりません。

 

そのための備えを行っている人は多いと思います。

 

私傷病休暇は、備えの一つとして、安心して休養に専念できるものとなっています。

 

 

◎Case1

■          ■

■骨骨骨骨  骨骨骨骨■

■          ■

【誰かのレントゲン写真】

 

「折れてるね」

・・・。(衝撃で声が出ない。素人が見ても明らかに折れている。)

「全治4~5週間かな」

・・・。(あの隙間が4~5週間でつながるというのか・・・。)

「ものすごく顔色が悪いよ。今日は静養したほうがいい。」

・・・。(今日だけ?顔色が悪いから?)

 

【私傷病休暇期待指数】■■■■■□□□□□

(けがは程度によります)

 

 

◎Case2

4月。間もなく10連休のある日のこと。

季節外れのインフルエンザに罹患。

予防接種の効果は遥か以前に切れており、高熱と体の痛みに耐える日が続く。

出勤可能となるのは罹患から5日以上経過し、かつ解熱から2日経過後だから、このまま熱が下がらなければ、回復と同時に10連休入り?

まさかまさかの●0連休?これは存分に休養できそうだ。

 

【私傷病休暇期待指数】■■■■■■■■■■

(インフルエンザで出勤してはいけませんが、所定の日数が経過したら速やかに出勤しましょう)

病院見学申込みフォーム