プロジェクトメンバー日誌

BLOG
2019.1.8
西1病棟 公衆電話について
メンバー日誌

あけましておめでとうございます。

今回のブログは西1病棟が担当します。

よろしくお願いします。

 

皆さんは、最近公衆電話を利用したことがありますか?

携帯電話の普及でなかなか利用する機会がないのではないでしょうか?

そもそも、公衆電話自体をあまり見かけなくなっている人がほとんどかもしれませんね。

もちろん当院では各病棟に設置していますが…

そんな中…

先日テレビ・ラジオでこんなことが放送されていました。

 

公衆電話は今・使えない子供が急増!

 

公衆電話は2011年の東日本大震災を機に、非常用電話としての役割が再認識されています。携帯電話では発信が殺到して回線が混み合い、通信規制される場合があるようですが、公衆電話は規制の対象外として取り扱われるほか、停電時も硬貨なら使うことができるそうです。

 

緊急時どうする?

 

埼玉県で2年前から行方不明になっていた女子中学生が東京・中野区で無事保護された事件。女の子が母親や警察に助けを求めたのが公衆電話からだったということで、改めて公衆電話の使い方が気になっている親御さんも少なくないようです。

 

当院でも!

 

そして、少し前に当院に入院されていたお子さんがご家族に連絡しようと公衆電話に向かいましたが、使い方が全くわからないと、言う場面がありました。使い方を教えて、すぐに使えるようになりましたが…。

携帯の普及が進み便利にはなっていますが…この機会に公衆電話の利用の仕方も家族で確認してみるといいかもしれませんね。

今回の情報は公益財団法人日本公衆電話会HPより引用させて頂きました。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

今年も西1病棟をよろしくお願いします。

以上西1病棟でした。

 

病院見学申込みフォーム