プロジェクトメンバー日誌

BLOG
2018.1.24
―表彰式―
メンバー日誌

ホームページ担当の真坂です

 


 

1月17日、こころの医療センター大会議室にて病院事業管理者年頭のあいさつと管理者賞及び職員提案の表彰、こころの医療センター院長賞表彰が行われました

※新澤病院事業管理者の職員向け年頭のあいさつはホームページに掲載しています

(⇒ホームページはこちら)

あいさつに引き続き、病院事業管理者賞及び職員提案の表彰を行いました

 

管理者賞は今年度当センターから3団体が受賞しました

 

【クリニカルパス委員会】から代表して三原看護主査

急性期パスの運用により、精神科救急病棟の円滑な運営と入院診療単価の増加に貢献、また「精神疾患とパスを学ぶ」セミナーを開催し、クリニカルパスの普及拡大に寄与されました

 

【こころの医療センター 採用プロジェクト】から代表して板垣総務主査

新専門医制度において研修基幹施設になり、専門医4名の内定に貢献されました

 

【第15回日本スポーツ精神医学会総会・学術集会企画運営委員会】から代表して遠谷医長

日本スポーツ精神医学会総会・学術集会を開催し、関係者から高い評価を得て、また学会参加者のSNSへの書き込みにより病院の知名度の向上に貢献されました

 

 

続いて「よりよい病院運営を目指すための職員提案」において今年度最優秀賞を受賞した加藤薬局長

「不動在庫診療材料の県立病院間の融通」

について提案していただきました

 

 

続いて、こころの医療センター院長賞の表彰です

 

【医療観察法MDT(Multi Disciplinary Team)】から代表して清水看護師長

新病院開院とともに設置された医療観察法病棟において、多職種チーム医療を効果的に実施

関係機関と連携を図りながら、県内外での外泊訓練を長時間に亘り緊張感を持ちながら実施し、開院以降、外出外泊時の事故を1件も発生させず5人の退院の実現に貢献されました

 

【地域移行支援チーム】から代表して庄司主任看護師

長期入院患者の退院について、病棟看護師及び精神保健福祉士等関係職種が連携し、家族や退院先の施設、グループホーム等と丁寧に連携を図り、退院前訪問の実施や各種制度の利活用支援により、退院率の大幅増に貢献されました

【退院率(11月末) H29年度 25%  H28年度 16%】

 

 

最後に関係者で集合写真を撮らせていただきました^^

受賞された方々、おめでとうございます!

これからも病院全体で「患者サービスの向上」「病院運営の向上」などに積極的に取り組んでいきます

病院見学申込みフォーム